アイプリモでプロポーズをしましょう|ドキドキ愛の告白

婚約と結婚の違い

ハート

基本的にはプロポーズ時に

まず婚約指輪についてはそもそも結婚指輪と何が違うのかということがあります。簡単に言うと婚約指輪はプロポーズをした時などに女性に渡すもので、結婚指輪は挙式の時にお互いに交換してずっと身につけるものです。基本的にはそのようになりますが、そうすると婚約指輪の出番が結婚してから少なくなってしまうので、休みの日や、ちょっとしたお出かけにも婚約指輪をつけていかれても全く問題はありません。その方が婚約指輪も喜んでいるかもしれませんね。しかし、婚約指輪は比較的高価なものが多いので、何かにぶつかったりしないように取り扱いには注意をしましょう。いろいろな使い方をしている人もいますが、そのように定期的に使ってあげることによって、メンテナンスの代わりになることもありますので、使用するようにしましょう。

記念品などでも大丈夫

婚約した記念に、もしくはプロポーズをした時に婚約指輪を男性から女性へプレゼントするわけですが、どのくらいの人たちが購入しているかというと、6割ぐらいのカップルの方たちが購入しているというデータがあります。これはあくまでもデータなので、そんなに気にすることもないのですが、婚約指輪でなくても、何か記念品のようなものを購入するというのも良い案です。例えば婚約指輪ではなくて、ネックレスやその他の装飾品をプレゼントしても別に問題はありません。正式にやりたい方であれば、婚約指輪を購入するやり方もアリですが、最近ではそんなにこだわる必要もないでしょう。ある意味では、2人の気持ちの問題もありますので、何をあげるかは人それぞれで良いです。